あなたのクリックが助けになります

こんなものが高く売れます
レア見返り美人
見返り美人他プレミア
バラで1万円例! コレクション50万円例!
コレクションアルバム
コレクション一括処分
使用済み切手、テレカ、商品券ほか10万円例!

バブル価値!中国切手の値上がり値下がりはどうなる

あなたのクリックが助けになります

中国切手はなぜ高いの?今は価値が高いと言いますが、今後値下がりするなら今が処分時期?コレクションは資産にもなるんですね。大切に保管するべきか、売る時期を考えるべきなんでしょうか

ベテランコレクター解説

切手相場値下がり

中国切手の価値とは?

赤猿(子ザル)

Amazonで買う
中国切手の代名詞。中国十二支切手。1980年に中国郵政が500万枚発行。T46 年賀切手(申)小ザルとも呼ばれる。

人気が高ければ、価格は高くても売れます。古い中国切手は、焼却処分されたこともあって希少価値が高くなっています。もちろん現存数が少ないだけでは価値が上がりません。骨董品やアンティークでも同じことが言えるのです。

中国では好景気や富裕層の投資によって、切手の価値も上がりました。過去には日本にも同じことが起きたのです。1955年ごろの切手収集ブームです。郵便切手にもプレミアが付いて、1万円以上の値段がついたものもありました。その後流行はなくなり、プレミア切手も半額以下の価値に下がりました。

日本やアメリカなどと比較すると、中国切手は価値は上がっています。それも2000年以降のことです。収集ブームや投資、転売などで価格が上がっているのです。ブームが落ち着けば自然と価値が下がっていきます。コレクターや投資家が売りに出したり、売ったものを買い戻したりすることで価値が上下します。

中国切手の価値暴落高騰バブル

つまり、切手の価値は時価なのです。人気がある時期は100万円以上高騰してもおかしくはないのです。中国景気や切手人気が落ちてくると価値は変わるでしょう。

株や不動産と同じなんですよ。近年、中国切手の価値は上がっています。日本でも古い切手は数が少なくなっています。資産価値があるものは売れてしまって、アマゾンや楽天市場でも在庫がないですね。売るなら早かれ!価値が高いときが売り時ですよ

ベテランコレクター解説


悪質注意!優良会社比較こちら
切手買取会社ランキングランキング1位
切手買取会社ランキングランキング2位
切手買取会社ランキングランキング3位
バイセル 買取プレミアム 福ちゃん切手コイン買取
かんたん便利。大量処分向きで出張査定だかららくらく。無料で最速当日専門査定士がしっかりチェック
全国対応。ていねいで礼儀正しさトップクラス。無料出張で他の不用品まとめて処分。
タレント起用で大型キャンペーン中。外国切手も対応

中国切手の今後の価値

日本の切手収集ブームも長くは続きませんでした。現在では見返り美人のようなプレミア切手が半額以下の価値になっています。古い切手が長期的資産になるかはわからないのです。

同じことが中国切手にも言えるかもしれません。現在の価値は高騰していて、高値を維持できるかにかかっています。文化大革命の頃からすると、こうしたプレミア切手の価値は10倍以上になっています。つまりバブルなのです。資産や投資、趣味用で人気が維持できれば価値はそのままでしょう。中国の景気や経済などもこれかの価値を決めます。

そして中国切手はレプリカや偽造品が多いのです。偽物は価値がなく、美術やアンティークとしては売れません。ヤフオクやネットショップなどは価値の不明な切手も多いので注意が必要です。自分のコレクションに偽造切手かは、真贋鑑定してわかります。有名な鑑定機関に依頼すると、一枚で数千円以上です。買取会社でも本物と確証が持てないと価値が下がるものです。

バブルが崩壊して暴落しないことを祈りましょう!骨董でも不動産でも価値は時価です。不景気や金融危機なども不安視されてますね。将来の値上がり、値下がりは景気しだいでしょうか?

ベテランコレクター解説

価値が高い中国切手

赤猿が超有名!でももっと価値の高いものは1千万円以上ですよ。中国の資産バブルですね。収集が趣味の人ではとても買えない価格になっています。

ベテランコレクター解説

中国プレミア切手価格例
◆赤猿
未使用美品で10万円以上

◆全国の山河は赤一色
4000万円もある

◆毛主席の最新指示
未使用で40万円例あり

Q.一番価格が高い中国切手とは?
A.全国の山河は赤一色
 4000万円と最高額。台湾で間違って発行された「白」が発売中止の非売品のため価値が高い。未発行のエラー切手。

中国切手でプレミアが付くのは、文化大革命時代(文革切手)のものです。人気があって価値が高いのは、昔の切手のみで、最近のものは通常価格になります。1966年から1980年ごろの古い切手です。発行数は多いのですが、焼却処分や政府の弾圧などで数が減りました。数が減るとコレクションとしての価値が上がってきます。

そのかわり、貴重でプレミアが付くものが出ました。プレミア中国切手の中でも未使用品は貴重なのです。多くは使用済みの消印有りが多くなっています。裏糊がはがれていたり、汚れやキズが多く保管が悪い切手が多いのが実情です。そのためコレクターは、切手の品質や状態に厳しいです。

中国切手には初日カバーや発売中止の未発行もあります。特に珍しいものはオークションでも高額で落札されます。富裕層や収集家は希少性と付加価値に惹かれます。珍しいだけではなく、コレクションや資産になるものに価値を感じるのです。デザインや肖像画、写真などです。

切手の価値判断基準例

  • 未使用であること
  • バラ、シート
  • シリーズ全種セット
  • 保管状態がいいこと
  • 希少性があること
  • ミスプリント
  • 珍しいもの
  • 人気があり貴重なもの
  • 不発行、非売品など
  • 収集家が好むもの
  • 流通価格

切手グレーディング
MS=未使用 H=ヒンジ跡有 LH=軽いヒンジ跡有 NH=ヒンジ跡無 OG=裏糊有 Superb=完全美品 XF=極美品 VF=美品 F=並品 VG=劣品
※オークションなどの品質表示